Google API の OAuth 2.0トークン取得するツールつくった

Google PhotosのAPIつかって自動アップロードするバッチつくってみたくて調べたところ、 GCPサービスみたくサービスアカウント使う、ってことはできないみたいだった

https://developers.google.com/photos/library/guides/authentication-authorization#service-accounts

OAuth 2.0の認証フローをたどる必要があるみたい。

とはいえバッチつくるとき、初回のみ認証→次からはrefresh tokenで再利用という流れになるんだろうけど 初回のみ認証の実装をケチりたかったので、refresh token取得まで簡単に取得できるツールみたいなの書いてみた。

abekoh/get-google-tokens

  1. GCPサイドバー->APIとサービス->認証情報 より、認証情報を作成->OAuthクライアントID を選択

  2. 用途に応じた種類を選ぶ。任意の名前をつける。JS生成元・リダイレクトURIは http://localhost:8080 を指定 Google API OAuth 2.0設定

  3. 認証情報一覧から、ダウンロードボタンを押す。client_secret_XXX.apps.googleusercontent.com..jsonのようなjsonファイルが手に入る。

  4. token取得ツールインストール

    go get github.com/abekoh/get-google-tokens
    
  5. 次を実行。例では、Google Photos APIにアップロードする権限のみ。

    get-google-tokens -json client_secret_XXX.apps.googleusercontent.com.json -scope https://www.googleapis.com/auth/photoslibrary.appendonly
    

    photoのスコープはここ参照 https://developers.google.com/photos/library/guides/authentication-authorization

  6. 実行するとURLが表示されるので、アクセス。そしてスコープを許可。「このアプリは確認されていません」と表示されても進める。

  7. リダイレクトされてlocalhostに移った後、ターミナルのほうを確認。Access TokenとRefresh Tokenが表示されている。

仕組みとしては、リダイレクト時にURLパラメータにcode=と認証コードが入るので、 それをWebサーバで受け取って、チャンネル送信して、POSTリクエストでトークン取得するという流れ。

Go久しぶり書きましたが、こんな感じでWebサーバー立ち上げ簡単にできる点、CLI化も楽な点がよいですね。

参考